豊田市大林町に、洋風でオシャレな一軒家の建物があります。
看板には「里親募集型保護猫カフェ NEKO-TAMA」の文字。
「里親募集型保護猫カフェ」。
あんまり聞きなれない言葉ですよね。
こちらの NEKO-TAMA さんにいるネコちゃんたちは、みんな里親さんを待ってるコたちなんです。
そんな保護猫カフェのオーナー礒谷有記さんに、ボランティアのこと、殺処分のこと、人とのつながりのこと、そして有記さんがいつも大切にしている思いをうかがいました。


20頭のネコちゃんの暮らすお家


アノコモ(以下:アノ)「うわぁー、ここって天国?」
「めちゃくちゃかわいいコたちがいっぱいいるー!」


目をキラキラさせながら、お部屋をキョロキョロ見回すアノコモスタッフ。
あっちでもこっちでもネコちゃんたちが自由にくつろいでいます。
ネコちゃんたちのお家におじゃまさせていただくという感覚。

手と靴下をアルコール消毒して、ネコちゃんたちのいるお部屋に入るやいなや、かわいいネコちゃんたちに夢中です。
あやうく取材だということを忘れてしまいそうでした(笑)。


思い思いの場所でくつろぐ"ヒト"たち

お気に入りのクッションでまったり♪


礒谷有記さん(以下:有記):よかったらこちらのソファにどうぞー

アノ:ありがとうございます。今日はお時間つくっていただいて、本当にありがとうございます。
よろしくお願いします。


有記:いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。

アノ:まずは、こちらのカフェのシステムというか、保護猫カフェについて教えていただけますか?
ここにいるコたちはみんな、里親さんを待ってるコたちなんですよね?


里親さんを待っている”ヒト”たち


有記:そうです、そうです。今はここで 20 頭のネコたちが暮らしています。
ここにいる"ヒト"たちはみんな豊田の愛護センターから引き出してきた"ヒト"たちなんです。


ただ、センターからの引き出しは、個人ではできないので、私は「豊田地域猫の会」の一員として団体引き出しという形で引き出させてもらってます。
引き出すのも、今は成猫だけって決めていて。
チビちゃんだと里親さんは決まりやすいので、里親さんの見つかりにくい成猫を引き出すようにしています。

アノ:へぇ、そうなんですね。
そのセンターからの引き出しっていうのは、どういうタイミングでやってらっしゃるんですか?


有記:引き出しのタイミングは、今ここにいる誰か 1 頭の里親さんが決まったら、センターから 1 頭引き出すっていうふうにしています。
なので、常にここには 20 頭いるって感じですね。
一応、MAX25 頭って決めていて。何かあった時のために余力は残しておきたいので、今は 5 頭分は余力がある感じです。
すぐに殺処分されちゃう!っていう"ヒト"がいても、なんとか救えるようにしておきたいなと思って。

アノ:確かに、常にパンパンの状態だといざっていう時に身動きがとれなくなったりしますもんね。
お店の従業員って、有記さんお一人なんですか?


有記:そうなんです。従業員は私一人なんですけど、ボランティアの方がお手伝いをしてくださってるんです。
今は 7 名の方がお手伝いにきてくださってますね。本当にありがたいです。

アノ:素敵ですね!有記さんの活動に賛同してお手伝いしてくださってるっていうことですもんね。
ボランティアさんの中には、将来的に保護猫カフェをやりたいっていう方とかもいらっしゃるんですか?


有記:はい。いらっしゃいます。うちで勉強になるかどうかはわかんないんですけど(笑)。
他のボランティア団体に所属していらっしゃる方もお手伝いにきてくださってます。
自分一人でできる範囲でやろうと思ってはじめたんですけど、今はこうしてお手伝いしていただけて本当にありがたいなぁって思います。

最大級のおもてなし♪


有記さんのお話うかがっている最中に、「ナツミ」ちゃんがスズキの膝の中に♡
最大級のおもてなしに、スズキは K.O. 寸前です(笑)。

「こんな幸せな取材ないですよね~、ナツミちゃ~ん、ありがとう~♡」
とニヤニヤが止まりません。

有記:そのヒトはひざ乗りさんですねー。サビ猫ちゃんはそういうコが多いかな。誰のひざにも入ってくれますね。
ナツミちゃんは姉妹でうちに来たんですけど、もう一人のコは里親さんが決まりました。
このヒトも声がかかってたんですけど、里親予定だった方が妊娠されて、タイミングが合わなくなっちゃったんですよね。

アノ:そうだったんですねー。でも、ナツミちゃんもきっとまたすぐに家族になってくれる人が見つかりますよね。
こんなに人なつっこいし、すごくいいコ~。わたし今、本当に幸せです~♡

<続きます!第2回は 2017/09/13 Wed に更新します>

里親募集型保護猫カフェ『NEKO-TAMA』さんについて


豊田市大林町にある「NEKO-TAMA」さんでは、たくさんのネコちゃんたちが新しい家族に会えるのを待っています。 ネコちゃんたちがいるお部屋でヨガをする「猫ヨガ」や、ネコちゃんたちの上手な写真の撮り方のワークショップなどのイベントも開催されています。

  • 住所:〒473-0902 愛知県豊田市大林町 10 丁目 1 番地 9
  • 電話番号:0565-42-2823
  • 営業時間:11 時~ 19 時
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:あり

【目次】有記さんの保護猫カフェの話「一番のボランティアはいつも上機嫌でいること」

動物を家族に迎えるという覚悟


「NEKO-TAMA」の有記さんは、一人でもできる範囲でやろうとこの活動を始められました。動物相手のお仕事はお休みなんてありません。お店の定休日でも必ず2回は、ごはんとおそうじのためにお店に行きます。そして、それは当然のことだとおっしゃいます。

動物を飼うすべての人が、同じ覚悟を持っていられたら。
途中で投げ出される命はなくなるのに。


Instagramでハッシュタグ「#アノコモ」を付けて、
この街の犬猫やみんなと顔見知りになろう!

Instagramでみんなの #アノコモ を見る