本日のアノコモなうは、先週に引き続き、ワタナベが気になっていた【あおたけの親子応援団】大井さんとゆうたろうくんのお話しの続きをお送りします(^_^)/

先週の気になる〇〇はこちら☆
http://www.anocomo.org/column/entry-83.html

『ここdeやるzone』をお昼間の休憩スペースに

「荷物もいっぱい。気持ちも体力もいっぱいいっぱいな時期のお母さんたちへ向けて、休憩スペースを作りたいとの思いがあった時に、康生にある『ここdeやるzone(以下ここやる)※①』とのご縁をいただきまして…
それで月曜日と金曜日のお昼の時間、ここやるを休憩スペースとして使わせてもらえることになったんです。」

※①ここdeやるzone
略称『ここやる』
岡崎市役所の職員を中心とした有志のみなさんが、プライベートで空き店舗を借り『岡崎市空き店舗撲滅運動ここdeやるzone』として様々なイベントや取組を『ここやる』拠点に活動されています。
くわしくはこちら↓
https://okazaki-coco-yaru.jimdo.com/

ー康生には昔からよく訪れたりされてたのですか?

「私は生まれも育ちも岡崎なのですが、岡崎の"隅っこ生まれ隅っこ育ち"で。
康生へ行く=車で30分くらいの遠くへ出かけるという感覚を持つ岡崎市民なので、まちに行くときの駐車場とか行った時に感じる「自分はよそ者?」な感覚とかに、ハードルを感じる側で育っていて…

でも、学習塾に転職したときの配属先が康生の少し北の能見通にあったり。
あと、まちおこしイベントのボランティアに参加して楽しませていただいたことも何回かあり、その会場が康生に集中していたこともあって、この地へはよく来てたんですよね。
結構ハードだった学習塾の仕事を頑張れたのは、ボランティアで楽しんだ思い出の地で仕事できるのが嬉しくて『教室が元気になることでまちの元気に貢献しよう』という思い入れもあったからで。
なのでご恩返しのつもりもかねて、ここやるのある康生で活動しています^_^」

ーご恩返し…素晴らしいですね!

「月曜日と金曜日の限られた時間だけですが、ここやるのお昼の時間を休憩スペースとして使わせてもらうことで昼間のここやるを開けることが出来るし、テイクアウトのご飯会をすることで康生のお店を知る機会を作り、コラボワークショップを開いたりすることで康生に足を運んでもらえるきっかけにもなれたらいいなと。
企画したワークショップに参加してくださったみなさんの参加費が、お助けおむつ作成材料費や赤ちゃん休憩スペースの備品などへの寄付になっていて、小さな力の優しい思いの集まりでお助けおむつが実現しています。」


7/9に行われたコラボワークショップの様子。 この日は名古屋を中心に活躍中の養蜂家・船橋康貴さん(通称ハニーさん)とのコラボワークショップ。

ーすごく良い循環!ステキ!
そんな中で『お助けオムツ』のアイデアがうかんだんですね♪

「オムツを忘れてしまった。全部使いきってしまった。
オムツを買うにしても持って歩くには荷物になってしまうし…駐車場も遠い。
だからといって赤ちゃんに我慢させるわけにもいかない。

忘れたり使い切ってしまったりしたミルクやオムツが、今使う分だけ売ってたら…それだけでお母さんは助かりますよね。
荷物になることもないし、赤ちゃんのお尻もスッキリ。お腹も満たされます」


お助けオムツは新生児用~Lサイズが1枚100円。忘れちゃった!や使い切っちゃった!な時にとっても便利♪

他にミルクキューブ・ウエットティッシュなども。お母さんにも赤ちゃんにも嬉しいですね。


無理をせず、楽しみながら活動を♪


ー赤ちゃんのお腹だけでなくお母さんの心も満たされますね。
お母さんの心の余裕が赤ちゃんのご機嫌に繋がってくし、逆もしかりですよね!

活動をしていく上で気を付けていることはありますか?


「絶対に無理はしないということ。
ゆうたろうくんに無理をさせてまで活動はしないということです。
つい頑張りすぎるとゆうたろうくんに淋しい思いをさせてしまう…それでは意味が無いので。
誰かの期待に応えるとかではなく、あくまで自分たちのペースを保ちながらなので歩幅は小さいかも知れませんが、バランスを持って活動しています。

あと、自分たちの境遇でどこまでできるんだろう?ってある意味実験のように楽しんでやってて♪

コラボワークショップも、企画はするけれど自分もちゃんと参加費を払い、ゆうたろうくんと参加者さんみんなと一緒に楽しんで参加しています♪」


お話し会でくまのプーさん宛てにみんなで手紙を書きました♪

ーゆうたろうくんの成長とともにたくさんの経験もさせてあげながら、大井さん自身もあおたけの親子応援団さんも一緒に成長していけることが、すごくステキだしこれからも楽しみですよね♪

では最後に、大井さんの今後の夢というか…こうなったら良いな!な思いはありますか?

「思いを共有して一緒に活動できる仲間が出来たらいいなぁと思います^_^
今は月曜日と金曜日のゆうたろうくんが頑張れる時間だけを休憩スペースとして開けているので…
バトンリレーのように毎日開けれたら、お母さんたちにとっても行きやすい・使いやすい街や場になるかなぁって^_^
それが、私たちと違う世代の人も一緒に実現できたら理想だなって。
『ものを言えない、でも健やかな成長のためにとても大事な時間を過ごしている赤ちゃんの気持ちを常に中心に、みんなで見守る形で。』」

一緒に活動できる仲間が増えたら、可能性も広がりますね♪

「あとは、小さくでも長く活動を続けていき、将来ゆうたろうくんのお嫁さんが赤ちゃんとこの康生の街を歩いたときに、お助けオムツがまだあって手に取れたら良いなぁ~って!^_^」

ーそれ、すごくステキな未来だと思います!!

やさしさであふれる街になるように☆

自身が「あったらいいな」と思うものを、大井さん自身にもゆうたろうくんにもやさしい目線を忘れず、コツコツと続けていらっしゃる大井さん。

あおたけさんのお助けオムツや休憩スペースがあるって知ってるだけで、今のお母さんもこれからお母さんになる人も安心してお子さんと一緒に康生へお出かけできますね!


親子で笑顔になれるようなやさしくてあったかいこの活動により、たくさんのやさしさが街に広がっていきますように☆


お助けオムツ設置店も徐々に増えていますよ。
詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね!

大井さん、お話しをきかせていただきありがとうございました☆


あおたけの親子応援団ホームページ
https://aotakenooyakoouend.wixsite.com/otasukeomutu


Instagramでハッシュタグ「#アノコモ」を付けて、
この街の犬猫やみんなと顔見知りになろう!

Instagramでみんなの #アノコモ を見る