アノコモとは?


アノこも、コノこも、みんなウチのこ。
そんなふうに思えたら、今よりもっと、つながる命、助かる命がふえていく。

アノコモは、2016年12月1日にひとりの獣医師の思いをうけて誕生しました。
岡崎市を、日本でいちばん犬猫が飼いやすい街にしていくためにアノコモは、ウェブメディアによる情報発信、地域の交流イベントを通じて、人の気持ちをつなげていきます。
もっと人がつながっていけば、もっと情報がまわっていけば、大切ないのちも、もっともっとつながっていくはずです。

2つの場をつくります


犬猫好きのかたも、そうでない方もみんなが楽しめるウェブメディアです。活動報告や、インタビュー記事などさまざまな情報発信をしていきます。イベント情報やスタッフブログなど地域密着のコンテンツもお見逃しなく!


岡崎市周辺で大きな輪ができるよう、人と人とのつながりをつくるイベントを開催していきます。さまざまなジャンルのイベントをおこなうので、きっとあなたの興味のあるイベントにもめぐりあえるはずです。


アノコモが目指す未来


地域の犬や猫とみんなが、顔見知りになる。

アノコモが目指すのは、ここ岡崎市で、犬や猫を愛するみんなが顔見知りになることです。昭和の時代の、大家族的なコミュニティのイメージです。

飼い主になにかあったとき、「アノこも、コノこも、みんなウチのこ」って思えるような関係があれば、大切ないのちはつながっていけると思うんです。

たとえば、「1日ならウチでそのコあずかれるよー」っていう人が365人いたら、そのコは1年間安心して暮らせます。その間に里親さんだって探せます。

すべての犬や猫が、地域のみんなに愛されて安心して暮らせるように、まずはちいさなお手伝いからはじめてみませんか?

ぼく、アノコモ。



犬のような猫のような、でも、犬でもなく猫でもない昭和顔の妖精。
アノコモのマスコットキャラクターをしています。

発起人の思い

動物病院を運営していると、月に何回か、犬や猫が捨てられていきます。年間で200頭ほどを、里親に出しています。そうした中で感じたことは、人々と動物が安心して豊かに暮らせる新しいインフラをつくりたい、その当事者になりたいと思っています。

わかりやすい例として殺処分問題、これは社会問題です。動物が好きな一部の個人や、動物保護のボランティアさんたちだけでは解決できません。社会の問題は社会のしくみを変える(デザインする)ことで、解決する問題だと感じています。

「アノコモ」を通して、ワクワクすることや色んな視点から、動物愛護社会の問題解決への糸口が見つかればと思います。

獣医師:呉 俊熙(お じゅんひ)


アノコモ立ち上げメンバー


わたしたちがアノコモ立ち上げメンバーです。それぞれ立場は様々ですが、呉(お)院長の思いを受け集まったメンバーです。これまで、アノコモ立ち上げのために話し合いを重ねてきました。アノコモの理念である「アノこもコノこもみんなウチのこ」が、岡崎市全体に広がるように、楽しみながら活動を続けていきます。

アノコモと宮本佳代子さん


アノコモをはじめるにあたり、岡崎市の動物ボランティアの草分け、宮本佳代子さんにお話を伺いました。宮本さんと、アノコモの発起人である呉院長は旧知の間柄であるだけあって、同じような思いを感じていたんです。


アノコモSNS


アノコモのSNSで、アノコモの最新情報や、地域のワンちゃんネコちゃんの写真を紹介しています。ぜひつながってください!


関連情報



Instagramでハッシュタグ「#アノコモ」を付けて、
この街の犬猫やみんなと顔見知りになろう!

Instagramでみんなの #アノコモ を見る