アノコモとは?


アノこも、コノこも、みんなウチのこ。
そんなふうに思えたら、今よりカワイソウなコは少なくなるのに—。

アノコモは、2016年12月1日にひとりの獣医師の思いをうけて誕生しました。
これから岡崎市の地域に、犬や猫を思う人たちの場づくりをしていきます。
ウェブメディアによる情報発信、地域の交流イベントを通じて、人の気持ちをつなげていきます。
もっと人がつながっていけば、もっと情報がまわっていけば、かわいそうなコは少なくなると思うんです。

2つの場をつくります


岡崎市で犬や猫を愛する人たちのためのウェブメディアです。アノコモがセレクトした犬猫情報を発信していきます。地域のみんながつながれる仕組みもつくっていくので、みなさんつながってくださいね!


岡崎市周辺で、犬や猫を愛する人たちのつながりをつくるイベントを開催していきます。インターネット上でつながった人が「はじめまして、こんにちは!」と出会える場所にしてければと思います。


アノコモが目指す未来


地域の犬や猫とみんなが、顔見知りになる。

アノコモが目指すのは、ここ岡崎市で、犬や猫を愛するみんなが顔見知りになることです。昭和の時代の、大家族的なコミュニティのイメージです。

飼い主になにかあったとき、「アノこも、コノこも、みんなウチのこ」って思えるような関係があれば、捨てられてお腹を空かせてしまうような、かわいそうなコは少なくなると思うんです。

たとえば、「もしもサザエさん一家になにかあっても、きっとタマは誰かが引き取ってくれるよね」そんなふうに思いませんか?

すべての犬や猫が、地域のみんなに愛されるタマみたいだったらいいなと、思います。

ぼく、アノコモ。



犬のような猫のような、でも、犬でもなく猫でもない昭和顔の妖精。
アノコモのマスコットキャラクターをしています。

発起人の思い


ライオン動物病院 呉(お)院長

動物病院を運営していると、月に何回か、犬や猫が捨てられていきます。年間で200頭ほどを、里親に出しています。そうした中で感じたことは、人々と動物が安心して豊かに暮らせる新しいインフラをつくりたい、その当事者になりたいと思っています。

わかりやすい例として殺処分問題、これは社会問題です。動物が好きな一部の個人や、動物保護のボランティアさんたちだけでは解決できません。社会の問題は社会のしくみを変える(デザインする)ことで、解決する問題だと感じています。

「アノコモ」を通して、ワクワクすることや色んな視点から、動物愛護社会の問題解決への糸口が見つかればと思います。

編集長あいさつ


アノコモ編集長 ミズノケイスケ

呉先生から「ホームページをつくりたい」と相談いただいたのが、夏真っ盛り、8月のことでした。それから、いちホームページ制作者としてプロジェクトに関わっていくのですが、自分でもひょうたんから駒、まさか編集長を拝命するとは思いませんでした笑。

周りのメンバーから編集長にと、推薦されたときも「猫は実家で飼っていたけど、ほとんど世話をしていたのは母親だしなあ、ぼくなんかでよいのだろうか」という思いでした。ただ、こうしてプロジェクトを進めてみて思うのは、一歩引いた目線でもって、呉先生や動物を愛するみんなの思いをかたちにしていくのは、ぼくの性分にあっているのではないかということでした。

アノコモのような活動は、ほかの地域でも例をみない取り組みだと思います。アノコモはもちろん、ぼくにとってもはじめてのチャレンジ、ご声援くださればうれしいです。


アノコモ編集部


はじめまして!わたしたちがアノコモ編集部です。それぞれ立場は様々ですが、呉(お)院長の思いを受け集まったメンバーです。これまで、アノコモ立ち上げのために話し合いを重ねてきました。アノコモの理念である、かわいそうな犬猫を減らすために、楽しみながら活動を続けていきます。

ただいま、編集部員募集中! 詳しくはこちら

アノコモと宮本佳代子さん


アノコモをはじめるにあたり、岡崎市の動物ボランティアの草分け、宮本佳代子さんにお話を伺いました。宮本さんと、アノコモの発起人である呉院長は旧知の間柄であるだけあって、同じような思いを感じていたんです。


アノコモSNS


アノコモのSNSで、アノコモの最新情報や、地域のワンちゃんネコちゃんの写真を紹介しています。ぜひつながってください!


関連情報



Instagramでハッシュタグ「#アノコモ」を付けて、
この街の犬猫やみんなと顔見知りになろう!

Instagramでみんなの #アノコモ を見る